ナマステ!

前回に続き今日もクリスマス会の様子をご報告します。今回はクリスマス会で配ったプレゼントについてです。

 

 

クリスマスプレゼント

 

毎年学校では制服と同様に冬になるとセーター、靴、靴下など防寒着を配っています。今年は学校が閉鎖されていることや、新型コロナウィルス流行の影響でゲストハウスの営業ができず資金難なため冬服の準備ができていませんでした。今月初めに学校で果物を配給した時、児童が大きな穴があいていたり窮屈になったセーターを着ていたり、裸足でいるのを見て本格的な寒さが来る前に今年もセーターや靴を配りたいと強く思いました。

10か国から集まった支援

 

もし児童全員にセーターや靴を購入する費用が集めることができなかったとしても、せめてマフラーだけでもプレゼントしたいと思い、世界中にいる支援者の方へ私たちの希望を伝え協力をお願いしました。

すると、毎年恒例となっているクリスマス会のためにすでに寄付を集めてくれていた支援者の方もいました。そして私たちが想像もしていなかったことが起こりました。なんとブラジル、アメリカ、イギリス、スペイン、オーストラリア、ドイツ、フランス、イタリア、カナダ、日本と10か国から応援の声と共に支援が集まったのです。その結果、セーター、靴、マフラーと3点すべて用意することができました。

 

制服用のセーターですが子どもたちは家でも着て過ごします。

 

靴も制服に合わせて革靴を配ります。

 

 

マフラーはセーターと同じ色。

児童1人1人に手渡していきます。

この日のためにみんなのセーターや靴のサイズをそれぞれ確認するのは大変でしたが受け取って嬉しそうにしているところを見ると苦労はすべて忘れてしまいます。

子どもたちが喜んでいるのを見ると、私たちも嬉しくなります。

彼らの笑顔を見れるのはみなさんのご支援のお陰です。本当に感謝しています。

配っているときの賑やかな様子はこちらの動画からご覧いただけます。

 

来年は1月に学校が始まればすぐに「インド共和国設立記念日」のイベントがあります。これからも学校でイベントを開催し子どもたちに楽しい思い出を残せるように頑張りますので応援をよろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。