10歳の男の子チャイルドスポンサーになる

日本の10歳の男の子、岸川 凱飛(がいと)君(10歳)がお年玉と貯めていたお小遣いを使い、私たちの児童のスポンサーになってくれました。 凱飛君は保育園の時から、アフリカやアジア諸国のチャイルドスポンサー(少額のもの)にいくつか関わり、現地の子たちとの文通や写真のやりとりなどを通し、その国で「どんな生活をしているのか」「何を食べているのか」「お友達とどんな遊びをするのか」「何に興味があるのか」等を知ることを、とても楽しんでいたそうです。...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。