2月10日に2019年度一番目の学校イベント「サラスワティープージャ」を開催しました。

サラスワティープージャとは、ヒンズー教で学問と芸術の女神であるサラスワティを称える、インドの伝統的なお祭りです。ヒンズー教の女神サラスワティは、日本では弁才天さまになります。勉学、知性、工芸、芸術、音楽の女神です。またこのお祭の日は

学問の神様ですので学校でもこのお祭を大切にしています。毎年盛大にお祭をしていますが、過去2年は予算が足りず、ダンスの発表会ができませんでした。今年はこのイベントのためにと寄付を下さった方がいらっしゃり、お陰様で生徒がとても楽しみにしているダンス発表会を開催することができました。

まずはサラスワティー女神を祀るお祈りからはじまり、開会の言葉とテープカットでプログラム開始です。

テープカット

おしゃれに着飾りダンスを披露

この日のためにお昼休みや放課後に毎日たくさん練習しました。

みんなかっこいい

卒業生も参加してもりあげてくれました。

プログラムは3時間以上にわたり続き、日も暮れて暗くなってしまいましたが、ライトアップされた舞台で踊る生徒達が一段と素敵でした。

閉会式では生徒達にプレゼントが配られ集合写真をとって終了。

先生達から手渡される贈り物

みんなで記念写真

今年は観客席から見ているだけだった小さい児童もは来年は踊る番です。

生徒が一番好きだというダンスの発表会を来年も続けていけるように頑張ります。

みなさまのご支援のおかげです。ありがとうございます。

 

 

11 + 5 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。