7月2日、ラフールナガル村に食料品を配りに行きました。この地はマハダリットと呼ばれるカースト制度で最下層となる不可触民の人々が暮らしています。全ての住民に配ばることはできないため、今回の配布はこの村で私たちが行なっている塾の児童を対象としました。

配るものは前日から準備をし、マスク着用で子供達に取りに来てもらい外で配ってすぐに解散しました。

今回配ったもの


砂糖
小麦粉
お米

マスタード油
じゃがいも
石鹸

35袋 19,800ルピー(約30,000円)

この配給にはチャリティーヨガクラスの他に食料品を配るためにと支援してくださった方々のご寄付で行いました。

今後は他の地域にも行き、支援を継続していきます。ご協力ありがとうございます。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。