2020年1月7日、ガヤ地域の認定私立学校の校長全員に地方治安判事の徴集がありました。

私たちの学校からも学校長のナグデブ  クマール氏が参加し、その内容を伝えてくれました。

地方治安判事のオフィスでの会議内容は

1.環境保護について。
2.持参金システムの廃止
3.18歳以下の結婚禁止
4.禁酒

4.の「禁酒」については以前からビハール州は2016年4月1日よりお酒の販売、飲酒は完全に禁止されていますが、隠れて取引されている事があるのでさらに厳しい処置を求めるようです。
1月19日にはこれらの法を人々に周知してもらうためにデモ行進をするそうで、児童、教師の参加が呼びかけられています。

私たちの都市がより良い環境になるよう、プレマメッタスクールとしても世間一般に情報を広げられるように協力していきます。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。